東京OLはるなちのブログ。

港区でゆるゆる開発職。時に熱く適当な日常。

あなたの今の仕事は適職ですか?転職歴2回、上京5年目OLの仕事コラム

time 2017/04/23

あなたの今の仕事は適職ですか?転職歴2回、上京5年目OLの仕事コラム

こんにちはー(^^)/
上京5年目OLはるなちです★
本日よりTwitterアカウント名とブログ名を一緒にしました。
宜しくお願いします(´・ω・`)

みなさんは自分の適職を自分で理解していますか?
自分の得意を生かせる職種、自分のやりたいことが実現できる職種
見つけるのはなかなか難しいものですよね。

私も1社目で適職を見極めることが出来ず、
さらには2社目でも見極めることが出来ず、
3社目の今、やっとやりたい職種を見つけられました。
あくまで職種ではありますが。

正解を導き出せるなら転職も自分の味方に出来ますね(^^)/
本日はお仕事で女磨き!
自身の就職経験を振り返りながら適職とは何なのか?について考えます。

まずは、上京ガールの1社目。
「東京のパン屋の正社員」

★上京してすぐ「仕事」は辛いものなんだと思った

私は、上京後1年目はベーカリーチェーンの正社員として働いていました。当時はカフェ付きのパン屋さんに配属されて、朝から晩までフル稼働で働いていました。パン屋さんというのは本当に朝が早く、夜が遅い。外側から見れば華やかで楽しそうなイメージのパン屋さんも、裏側は過酷です。

人が足りない。人が足りない。シフトが埋まらないのは毎日のこと。人がいなすぎてパニックになって営業中に泣いてしまったこともありました。
一番キツかったのは、ベーカリーチェーンの本社側の人間との温度差ですね。現場は苦しくても、本社は「そっちでうまく回しな!とにかくやる気だしな!」というスタンスでしたから。戦場のような現場、崩壊寸前のシフトに気付いていたでしょうか。

社員は会社に酷使され、中には1ヵ月休み無しでフル出勤の方もいらっしゃいました。何だかパッションを感じますね。そんな中で自分は何をしていたのか?ただただ仕事に殺されてました。上京してきた理由も仕事をする理由も楽しさも忘れ、ただただ目の前に山積みになっていく仕事に飲まれていっただけでした。

バイトで入ってる子に「18なのに!こんなに仕事して大丈夫?もっと遊びたい年じゃん」そんな風に言われても、働くと決めた以上この場から逃れることは出来なかったのです。仕事ってこんなに辛いんだ、と次第に心が疲弊していきました。

★そもそも自分の目指すべきはパン屋の店長じゃない

仕事に追われ、肉体労働のような日々で徐々に適当になっていく接客。そもそも接客って自分に向いてないんじゃない?と思い始めました。人と会話するのは好きなのですが、接客はまた別物です。お客様と友達になるわけではなく、あくまで気持ちよくお買い物をすることをサポートするための会話なので、会話を楽しむことが仕事ではありません。

自分は仕事を楽しんでいないことに気付いていました。さらに、今後一生この仕事を続けていきたいか?将来はパン屋の店長として働きたいか?と考えるとNOだと思いました。適正も意欲も無かったんですね。

仕事に追われていると仕事が楽しいのか?そもそも自分がしたいことをやっているのか見失いがちです。辛いなと思ったら一旦ひいて目指すべきものは何なのか?方向性をチェックしてみるといいかもしれませんね。

★着地の見えない行動は非生産的

考えれば分かることですよね。自分は将来パン屋の店長になりたいのか?
東京で実現したいこととマッチしてる?

私は。最終的にどうなりたいのか着地の分からないまま初めての就職を決定してしまいました。

ただ、この無鉄砲な行動のおかげで尊敬できる上司にも出会えましたし、自分に接客は不向きなんだなということも学べましたので無駄では無かったと思います。しかし効率的では無かったですよね。何かを決断する時は向かうべき所!着地をしっかり見据えた上で行動しないと「そもそも何でこれにしたの?」という降り立つ場所不明状態になってしまいます。

★退職も転職もアリ!ただ着地点は定めておこう

私は5年目で2回転職しているので、周りに色々言われることもあります。「転々とし過ぎじゃない?」「また辞めるの?」。短期転職=悪っていう風潮はまだまだありますよね。ただこういう周りの評価が気になるから、職場で気まずくなるのが嫌だから、なんとなく惰性で仕事を続けてますっていう方が悪だと思いますけどね。

本当に好きな仕事を楽しく長く続けるのが一番良いです。ただこれを実現するためには本当に楽しいと思える仕事は何なのか本人が見定めることと、自分の能力を最大限発揮できる職場選びが必要なんです。

人間に合う合わないがあるように、Aさんが良いと思う会社をBさんも良いと思うとは限りません。逆にみんなが合わないと思った会社が自分にとって最高の職場になるかもしれません。

適材適所、もし続けてみて合わないなと思ったらまずは原因を考えて。もし改善の見通しも立たなければ職を変えましょう。精神疲労をその場しのぎで紛らわす方法を考える時間ではなく、次の行動計画を練ることに時間を使いましょう。

ただ、やみくもに職を変えてもだめですね。将来的な着地点を見定めて計画を練らないと人生破たんします。お金にかかわることですから!

ただ嫌だなとか違うな、思いながら働くのは完全に時間の無駄なのでやめましょう。じぶんのやりたいことを計画的にやる!行動するもしないも自分次第、あなたの人生を回すのはあなた自身です。むしろほかの人には回せません。自分が本当にやりたい仕事、本心で良いと思える仕事に就いて、東京で素敵に輝く女になりましょう(^^)/

本日も読んでくださりありがとうございました(*’ω’*)



down

コメントする




Myplofile

みんと

みんと

顔がきつめの女性プログラマーです。港区で働いていますが給料は普通です。貯金がしたいです。



日本ブログ村参加中ですぞ( ・ω ・)ゞ